神経疾患の原因について

神経疾患の原因としては先天性のものと後天性のものがあります。


先天性とはお子様が産まれる前に発症の原因のある病気を言います。最近の研究でその多くが遺伝子異常により発症していることが明らかになってきています。

この遺伝子異常が何故発生するかについては、遺伝性のものもありますが、他に母体に対する何らかの外的要因(例えば感染症、X線、喫煙等)が胎児個体の遺伝子に悪影響を与えることもあり得ます。

後天的発症は、脳の外傷、感染症(例えば髄膜炎、脳炎)、腫瘍性病変(例えば脳腫瘍)、血管性病変(例えば脳梗塞)などを原因として小児が神経障害を起こす事があります。

また、これらに起因して神経障害が後遺症として残るケースがあります。

先天性にせよ後天性にせよ神経障害の原因となる事柄を事前に承知していれば、お子様に疑わしい症状が現れた時点で速やかに専門医を訪問することが可能になることを理解してください。