遺伝子異常による神経障害について

遺伝子異常による障害は治療可能のものもあるということを知ってください。

方法は投薬の他に脳外科による手術によってほぼ完治するケースもあります。

また、リハビリテーションによって症状が緩和されるケースもあります。

更に、未だ研究段階ではありますがiPS細胞を利用した治療法の研究も進められています。

遺伝子異常だからと言って決して諦めずに専門医に相談することをお勧めします。

代表的な遺伝子異常による神経障害は次の通りです。


・瀬川病、他のジストニア

・レット症候群

・一部のパーキンソン病

・一部の脊髄小脳変性症

・種々の代謝異常症

・皮膚神経症候群

・筋ジストロフィー