人の脳の発達について

人の脳の発達は遺伝子によって決められる部分と、外界からの要因によって決められる部分があることを理解してください。

外界要因として重要なのは規則正しい生活リズムと睡眠・覚醒リズムを確保する事です。

規則正しい生活リズム

例えば、昼夜逆転をしない、三度の食事をきちんと摂る、日中、日光を浴びるなどが重要です。適度に運動すること、よく歩くことも重要です。

規則正しい睡眠・覚醒リズム

これは乳幼児の発達段階で適正な睡眠・覚醒リズムがありますので、専門医からのアドバイスに従ってこのリズムを確保してください。

例えば、幼児段階での昼寝は重要です。昼寝の長さも長すぎず、短すぎない方が良く1時間半程度が適切と考えています。また、午後の早い時点での昼寝が良く夕方ごろに寝させるのは好ましくありません。夜更かしは好ましくなく早寝早起きの習慣をつけさせることは神経系疾患対策にとっては重要な事なのです。

勿論、最近では就学期以降勉強に追われて夜更かしをするケースが増えてきていますが、幼年期に睡眠・覚醒リズムを崩してしまう事の弊害をよく理解してください。


繰り返しますが、お子様の育児において規則正しい生活リズムと睡眠・覚醒リズムを確保することは大変に重要であることを良く理解してください。

同様に良く歩くこと、日中の運動も大切です。